最新のニュースとトピックスをお届けします。

良書のご案内:「人口減少社会のデザイン」

書籍名/人口減少社会のデザイン    著者名/広井 良典 出版社名/東洋経済          発行年月日/2019年10月  広井の著書がでれは、必ず購入する。彼の研究テーマと私の関心事に重なる部分があり、新しい出版を楽しみにしている。 社会的孤立度は、日本は先進国の中で上位に位置するといわれている。(1位日本、2位メキシコ、3位チェコ)社会と家族が生活の中心であった男性は、定年退職後は居場所がない。定期的に行く場所として、1位図書館、2位公園とアンケートに答えているのがいかにも寂しい。 詳しくは、2020年2月ライフデザイン通信Vol.146良書のご案内.pdf をご覧ください。
続きをみる

「我が国の医療提供体制」を考える

日本は、他の先進国と比較して、人口当たりの病床数が非常に多い。都道府県別の人口1人当たりの病床数、1人当たりの医療費について調べてみました。 詳しくは、2020年1月ライフデザイン通信Vol.145巻頭及び良書.pdf をご覧ください。
続きをみる

良書のご案内:「ウォーキングの科学」

年の始めの「良書ご案内」につき、あれこれ迷った結果、皆様方の健康に寄与することであろう本書を取り上げました。著者は信州大学の運動生理学の研究者であり、1997年に始まった長野県松本市の「中高年のための健康スポーツ教室」事業に係わった。 詳しくは、2020年1月ライフデザイン通信Vol.145良書のご案内.pdf をご覧ください。
続きをみる

「2015年〜2045年の大阪市の区部人口変動」を考える

大阪市の2015年人口は269.1万人、30年後の2045年には241.1万人、28万人の減少が予測される。その中で24区の2015年から2045年の30年間の人口変動を調べて見ました。 詳しくは、2019年12月ライフデザイン通信Vol.144巻頭及び良書.pdf をご覧ください。
続きをみる

良書のご案内:「売上を、減らそう。」

書籍名/売上を、減らそう。       著者名/中村 朱美 出版社名/ライツ社           発行年月日/2019年6月  100食限定、ランチのみ、国産牛ステーキ丼専門店、10坪14席の「佰食屋」が2012年冬に京都で誕生した。営業時間は11時から14時30分の3時間半、従業員は18時までに退社する。オープンしてから3ヶ月後、はじめて100食を完売、名実ともに「佰食屋」になった。店を掲げる目標はただ1つ、「1日100食を売ること。そしてその中で来られたお客様を最大限幸せにすること。」だ。 詳しくは、2019年12月ライフデザイン通信Vol.144良書のご案内.pdf をご覧ください。
続きをみる
1 2 3 4